シミ治療で美肌に変身|肌に広がる肝斑は綺麗に除去できる

肌の調子をよくするために

スキンケア

思春期に多い皮膚病

ニキビは、皮脂の分泌が過剰になる思春期ごろから頻発する皮膚病で、多くの方が悩まされる疾患の一つです。顔や背中、胸などに症状が広がる人もいますが、ほとんどできない人もいるなど、発症には個人差が大きいと考えられています。原因は皮脂が毛穴に詰まり、その部分が炎症を起こすことで起こるといわれていますが、皮脂の分泌が多くても症状が出にくい人もいるため、その他にも様々な原因が複合的に関係しているのではないかとされています。治療は、皮膚科で行われています。炎症を抑え、角質を柔らかくする外用薬と、必要に応じて抗生物質、ビタミン剤、漢方薬などが処方されます。それらの治療は健康保険が適用されますが、保険適用外の治療も話題です。

ホルモンバランスがカギ

保険適用にならない治療で人気を集めているのが、ホルモン療法です。この治療法は、難治性のニキビに悩む女性に適用される方法で、生理をコントロールする低用量ピルや、男性ホルモンの働きを抑える効果のある薬を内服することで、あごや首などに繰り返しできるニキビを治すことができるケースが多く見られます。特に大人のニキビは、ホルモンバランスに由来すると考えられているため、生理前に悪化することが多いとされていますが、ホルモンバランスを整えることで、ニキビができにくい肌に導くことができる症例が多く認められているため、美容外科やニキビ治療に熱心な皮膚科で取り入れられている治療法です。早期に治療を行うことで、あとが残るのを防ぐメリットが期待できます。